専門知識が役に立つ

女性の仕事で専門知識が必要になるものと言えば、看護師や保育士がまず上げられます。どちらとも女性の割合が9割以上であり、国家資格を持っていないとその職業として働くことが出来ないからです。国家資格を持っていればそれは一生涯有効なので、たとえ結婚や出産により一度仕事を退職しても復職することが可能です。今は結婚しても子どもが生まれても女性が働き続けることはよくあることですから、特にこの専門知識を有する資格というのは大事になってくることだと思います。特に医療業界は人材不足が深刻化しているので、復職や転職の際に資格を持っていると重宝されます。医療業界の人材不足、転職事情については、こちらのサイトの「人手不足で売り手市場の~」のページに詳細が載っています。
資格がすべてではありませんが、資格がなくとも出来る仕事のうち絶対に誰かでなければ出来ない、というものは少ないと思います。仕事をして社会に貢献することはとても大事なことですが、よほどのことでない限り代わりはいるのです。その分気負うことなく出来ることもあるのでそれは悲観することではありませんが、やはり女性が生きていく上では、資格というのは何かと便利なものだと言えます。資格は自分に一体何が出来るかを証明していくれるものなので、手っ取り早いのです。最近ではユーキャンなどの通信講座も充実しており、そこでは主に民間資格ではありますが資格取得が出来たりします。自宅で自分のペースで学習が出来るので小さい子どもがいて中々外出が出来ない人などにはオススメです。その他にもハローワークなど公的機関でも介護職の資格を取得出来る講座などを開講しているので、自分の住んでいる地域のハローワークなどに問い合わせてみるのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です